ソーシャルメディアポリシー


ソーシャルメディアポリシーについて

  1. ソーシャルメディアポリシー策定の背景と目的
    ツイッターやフェイスブックに代表されるいわゆるソーシャルメディアは今や個人、法人問わず欠かすことのできない重要な情報手段となりつつあります。ソーシャルメディアはステイクホルダーとの関係を強化する有効な手段である一方、不正確な情報発信など誤った使用方法によって、自社及びステイクホルダーにとって不利益が発生する場合もあります。そこでソーシャルメディアを適切に利用し、その有用性を十分活かすことを目的としてソーシャルメディアポリシーを策定しました。
  2. ソーシャルメディアの定義
    ソーシャルメディアとはブログ、ツイッター、フェイスブック等に代表されるインターネットを利用して利用者が情報を発信し、あるいは相互に情報をやりとりするサービス及びインターネット上の情報発信行為全般を指します。
  3. 適応範囲
    本ソーシャルメディアポリシーは、横浜市緑公会堂(以下、当公会堂)に従事する職員(正社員、嘱託社員、アルバイトなどすべての従業員)が公式アカウントおよび個人アカウントを利用してソーシャルメディアに参加する際に適応されるものです。
  4. 基本ポリシー
    ソーシャルメディア参加にあたっては各種法令及び関連規定を遵守するとともに、ソーシャルメディアの特性を理解し、発信がすべてのステイクホルダーの不利益にならないよう心がけ、透明性が高く良質なコミュニケーションを行うことを心がけます。
  5. ソーシャルメディア利用の基本原則
    • 5.1.自覚と責任を持つ
      自身の発言が影響を持つことを意識し、当公会堂に従事する職員であることを自覚するとともに、発言に対する責任を持ちます。また健全な社会的良識に逸脱しないよう、誠実な態度でのコミュニケーションに努めます。
    • 5.2.ソーシャルメディアの特徴を認識し、慎重な発言を心がける
      インターネットへの情報発信は、不特定多数の利用者がアクセス可能であり、公開された情報は完全に削除できないことを常に意識します。
    • 5.3.法令及び内部規定を遵守する
      ソーシャルメディア利用・情報発信は、当公会堂の定める内部規定に則り、関連する法令や社会規範を遵守して行います。
    • 5.4.機密情報を保護する
      業務上知りえた秘密を一切公開しないことはもちろん、当公会堂およびステイクホルダーの不利益となる情報発信は一切しません。
    • 5.5.誤解を与える情報発信をしない
      発信する情報は正確に記述をするとともに、内容について誤解をまねかないように留意します。
    • 5.6.相手・第三者を尊重する
      著作権、肖像権、商標権等第三者の権利を尊重するとともに、相手の発言を傾聴する姿勢を持ちます。
    • 5.7.良質なコミュニケーションを行う
      ステイクホルダーとの関係強化や当公会堂および他の利用者にとって利益につながる情報発信を心がけます。
    • 5.8.間違いを認め誠実に対応する
      自らが発信した情報により他者を傷つけた場合や誤解を生じさせた場合には、誠実に対応するとともに、正しく理解されるよう努めます。
  6. 1.免責事項
    • 当公会堂又は当公会堂従業員がソーシャルメディアにて発信する情報については、必ずしも当公会堂の公式発表及び見解を示すものではありません。
    • 当公会堂又は当公会堂従業員がソーシャルメディアを通じていただいたお問い合わせ・ご意見に対して回答することができない場合があることをご理解ください。
    • 当公会堂の公式発表及び見解の発信は、当公会堂ウェブサイト等で行っています。・当ポリシーは予告なく変更する場合があります。
    • 当公会堂は、利用者が本ページを利用したこと、もしくは利用することができなかったことによって生じるいかなる損害についても一切の責任を負いません。
    • 本ページからリンクされているサイト(以下、「リンク先サイト」といいます)について、その掲載情報の正確性、合法性などを当公会堂が保証するものではありません。万一、リンク先サイトの利用につき問題が生じた場合、その責任はリンク先サイトが負っていますので利用者ご自身の責任で対処してください。
    • 本ページ上のすべての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、本ページ上のすべての掲載情報について、事前に予告することなく、名称・内容などの改変や削除、サービスの停止や終了をすることがあります。当公会堂は、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなった場合やサービスの内容を追加または変更・削除した場合、サービスを停止・終了した場合に利用者に生じるいかなる損害に対して一切責任を負いません。
    • 本ページのアドレスは、トップページを含めて事前に予告することなく変更する場合があります。本ページ上の掲載情報の改変・削除や本ページのアドレス変更により発生するリンク切れなど表示に関わる不具合その他一切の影響や利用者に発生する損害について、当公会堂はその責任を負いません。
    • 当公会堂が自ら投稿した記事を削除することに伴い、コメントが削除される場合がありますので、予めご了承ください。
    • 当公会堂は、利用者による投稿(コメント・写真・動画等)されたコンテンツについて一切の責任を負いません。
    • 当公会堂は本ページに関連して、利用者間又は利用者と第三者間でトラブル・紛争が発生した場合であっても、一切責任は負いません。
    • 投稿にかかる著作権等は、当該投稿を行った利用者本人に帰属しますが、投稿されたことをもって、利用者は当公会堂に対し、投稿コンテンツを、全世界において無償で独占的に使用する(加工、抜粋、公開、翻訳などを含む)権利を許諾したものとし、かつ、当公会堂に対して著作権等を行使しないことに同意したものとします。
    • Facebookのご利用方法、技術的なご質問、システム状況などに関しては、一切お答えすることができません。
    • 下記に挙げたような内容を含む投稿や行為については、事前同意を得ることなく削除を行う場合や閲覧等のご利用をブロックする場合があります。
      • ■公序良俗もしくは法令に反し、又はそのおそれのある内容
      • ■わいせつ表現、差別的な表現等を含む不適切な内容
      • ■犯罪的行為に結びつき、又はそのおそれのある内容
      • ■挑発、脅迫、又は発言や返答を強要する内容
      • ■投機心、射幸心を煽るような内容
      • ■なりすまし、虚偽の内容、詐称、ミスリーディングを含む内容
      • ■建設的な議論を妨げる内容
      • ■スパム行為
      • ■政治活動、選挙活動、宗教活動
      • ■自己の商品・店舗・会社の紹介、宣伝等の商業的行為を含む内容、それらを目的としたサイトへの誘導や勧誘をする内容
      • ■撮影を禁止されている場所、又は撮影を許可されていない対象を撮影した静止画・動画
      • ■チェーンメール、アダルトサイト等へのリンク、又は他の利用者に対して、猥褻な行為を目的とした出会い等への誘導や勧誘をする内容
      • ■有害なコンピュータプログラム、および偽装ファイル等を送信し、または書き込む行為
      • ■当公会堂、他の利用者、第三者又はそれらの製品もしくはサービス等について誹謗中傷する行為、及び根拠のない情報を掲載する行為。
      • ■当公会堂、他の利用者、又は第三者の名誉を棄損又は侮辱する行為
      • ■当公会堂、他の利用者、又は第三者の著作権、肖像権その他知的財産権を侵害する行為
      • ■当公会堂、他の利用者、又は第三者に挑発、脅迫もしくは発言や返答を強要する行為
      • ■当公会堂、他の利用者、又は第三者に不利益を与える行為
      • ■他の利用者、又は第三者の個人情報を許可無く掲載する等して、プライバシー等第三者の権利を侵害する行為
      • ■その他当公会堂が不適切と判断した行為又は内容
2018年2月19日
横浜市緑公会堂
指定管理者 株式会社清光社

このサイトへのリンクご希望の方はリンク後で結構ですのでメールにてご連絡いただければ幸いです。
リンクをしたサイトの内容が公序良俗に反するものであった場合リンクをお断りする場合があります。
ページの先頭へ戻る